2013年08月20日

杉山健彦と最近のアレヤコレヤ

皆さーーーん、どうも、こんにちは\(^o^)/スギちゃんこと、杉山健彦でっす。前回のこのブログでは、「エロイズ片手に姉の暴走」なんってーゆー、なんともアレなタイトルと内容を記事にしてしまった杉山健彦だが・・・・(笑)あのあと、俺が起きたときにはもう姉もエロイズのバッグも消えていて、下の階の居間に降りると、両親といっしょに「何事もなかったかのように」ただ黙々と朝ごはんを食べておりました・・・・。その後、エロイズのバッグ片手に、爽やかな笑顔で帰っていった自分の姉を玄関で見送りつつ、ひそかに「・・・・スゴイ」とただただ思った、そんな杉山健彦なのでありました(^_^;)あと、全然関係ないんだけれども、このあいだ「宇宙戦争」という映画を観て、それがとてもおもしろかったもんだから、とりあえずあらすじを載せておきますね〜!「港湾労働者のレイ・フェリエは、離婚した妻に引き取られた子供たちであるレイチェルやロビーと共に暮らしていたが、彼らと良好な関係を築けずにいた。ある日の朝方、レイは奇妙な稲妻が数十回も町の同じ場所に落ちる光景を目にする。レイが多くの野次馬たちとともに落雷した場所を見にいくと、たちまち地中から巨大な”トライポッド”が出現。レーザー光線で次々に人々を殺傷し、町を破壊してゆく。なんとか逃げ延びたレイは、盗んだ車でレイチェルとロビーと共に町を出た。しかし、すでにトライポッドは世界各地に出現し、侵略を開始。人類は抵抗するもなすすべなく撃破されていき、逃げ場はなくなっていた。」
posted by すぎやん at 18:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。